DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

究極の医学

究極の医学とは今からおよそ3500年前に完成されたと言われている「素問・霊枢」医学のことです。

人の身体を自然現象の一つであるという捉え方をしています。

現在では、人の身体は数十兆の細胞からなりそれぞれの細胞内で多くの化学反応が起こり代謝等の生命活動が行われているとされています。

しかし多くの化学反応や細胞が寄せ集められても生命にはなりません。それはなぜか、現代科学では全くの不明です。

ところが、「素問・霊枢」では人の身体は12本の気の流れによって生きていると言っています。人の生命活動の原動力は12本の気の流れであると解明しているのです。人の身体は=熱で満ちています。これは生命の火です。このの中に一定の流れがあります。それは太平洋中の黒潮や親潮のようなものです。また、大中の偏西風です。この気の流れによって人の身体は形成・維持されているのです。

気の流れに異常が生じると身体は様々な症状を起こします。身体の一部にが滞留して温度が上がったり、が希薄になると冷たくなったりします。それによって身体は変化していくのです。それが病の始まりです。の偏りがまだ少しな時は顕著な症状は出ません。それは未病という段階です。しかしこれを放置していると、の偏りが大きくなって取り返しがつかない病になってしまいます。

このの偏りを治せば病は治っていきます。原理的にはあらゆる症状に対応できます。

これを私は「究極の医学」と呼んでいるのです。

具体的な例をご説明いたします。

例えば足陽明という気の流れがあります。この流れは足の人差し指から膝まで上がり、大腿部も上がり、鼠径部を通って腹・へその横、胸、乳頭、のど、下あご、目の下などを流れています。この流れに異常が生じるとこうした部分に症状が起こります。

つまり膝の痛みや変形、大腿の異常(冷たい・痛い・痺れるその他)、鼠径部の異常(ヘルニア・痛み・その他)、腹の異常(腹が張る・出っ張るその他)、胸の異常(乳癌・乳腺炎・出産後乳が出ないその他)、のどの異常(食道癌・声帯ポリープその他)、下あごの異常(顎関節症・歯周病その他)、目の下の異常(クマ、タルミその他)例を上げれば切りがありません。病名が付かないようなものもあります。

こうした多くの症状が足陽明という流れを正常にすることで治ってしまいます。

人の身体は機械ではありません。部品の寄せ集めではなくて、全体として一つの生命体なのです。人を一つの生命体として捉えた医学が「素問・霊枢」の医学、究極の医学です。