DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

気の流れ

気の流れとは人の身体を周流している気の流れの事です。

六臓六腑を源流としており、主に12本あります。この流れには1日に1回全身を1周身するもの、昼25回夜25回周身するもの、約30分で1回周身するものなど幾つかの種類があります。さくらガーデン鍼法院の治療では約30分で1周身するものを使って治療をしています。

気の流れは六臓六腑から流れ始め、手足の指先などから体表に出て来ます。体表の流れの途中にはツボと呼ばれるポイントが幾つかあります。そこはの出入り口で、それぞれ特徴を持っています。そのツボの特徴をふまえて鍼を刺入することで気を操作します。これが鍼治療です。鍼の他にもぐさを利用すれば灸治療、指を使えば按摩治療となります。しかし鍼による効能が一番であることは、直接鍼をツボに刺入することでも明らかなのです。

この気の流れは、人が生きる生命活動の原動力となっています。

人の生命活動とは、具体的には私たちが何も意識することなく休みなく行われている内臓の活動です。そしてもっと小さな数十兆と言われる細胞の活動です。これらは私たちの意識とは全く関係なくまるで自然現象のように進められています。しかしその活動には一定のリズムがあり、それは天体の動きと同じです。また、地球の日々の活動とも同じです。

さくらガーデン鍼法院院長である私が受け継いだ医学は『素問・霊枢』という古代医学書に残されているものです。『素問・霊枢』には医学と同系列に天体の動きの法則や地球の暦なども記されています。人の身体の仕組みと宇宙運行の仕組みが同時に論じられているのです。

現在の観測技術の発達によって90億年以上前に誕生した星が発見されてきています(宇宙の誕生はおよそ140億年前と言われています)。つまり宇宙はそんな時からずっと同じ法則で現在に至っているということです。その宇宙に生まれた人が宇宙の法則によって生かされていると考えることはとても自然なことです。宇宙を運行させている動きが人もまた生かしているのだと『素問・霊枢』は言っているのです。

宇宙の法則は想像以上に正確なものです。そして私たち人を生かしている気の流れもまた非常に正確なものです。この気の流れに異常が生じた時、私たちは違和感を覚えます。それが症状です。異常が大きくなればなるほど症状は重篤になります。最終的には命を落とすかもしれない病となるのです。些細な自覚症状のうちに治してしまうことが大切です。

私はを動かして症状を取り除く医学を伝承しました。私が伝承したこの技は大正天皇の侍医として活躍した今村良庵先生のものであると知らされております。日本は大和朝廷が続いてきたため天皇の侍医が初期の医学の技を代々伝えてきたと思われます。最初に『素問・霊枢』医学が日本に伝えられたのは、允恭天皇の時代414年と言われています。明治維新によって医学が解剖学を中心とした西洋医学に移行し、医師法が制定されたため、従来の『素問・霊枢』医学は壊滅状態となりました。

この医学は脈診を中心としておりこの技術習得には10年ほどかかるため、現代人にはその修行にたえられる者が極度に少なく後継者はほとんどいなくなっています。