DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

気を操作

気を操作するとは、氾濫したを減らしたり不足したを増やしたりすることです。

方法は鍼をツボに刺入してを動かして行います。

は内臓を源流に体内を周流し、ある点(ツボ)から体表に出てきます。は体表の決まったルートを流れてある点(ツボ)で再び体内へ戻っていくのです。ツボとは体表を流れるの出入り口で名前の通り陥没した点です。体表に約360個あり、それぞれ固有の性質を持っています。そのツボの性質を利用して鍼を使ってを動かします。

例えば肺のはみぞおちのあたりで発生して先ず下って大腸に絡まります。その後上って横隔膜を貫いて肺に入ります。肺から流れて脇の下にあるツボ()から体表に出ます。体表を上腕から肘の内側、前腕の内側を流れて親指の先のツボ()まで至り再び体内へ戻っていきます。体表には合計  個のツボが並んでいてそれぞれの特徴を持っています。肺のを減らすツボ、増やすツボ、流れを緩めるツボ、早めるツボ、元にするツボ、痛みを取るツボ、等々です。これらのツボを利用して気を操作するのです。

気を操作して病を治療する具体的な方法をご紹介します。

例えば肺のが氾濫しているとどうなるかというと、が多すぎるので熱が高まっています。肺に炎症がある状態です。インフルエンザや結核、風邪、新型コロナウイルス、どんな場合でも肺の熱が高まっていればその熱を取ってあげれば症状は治るのです。肺の氾濫したを取るのです。を減らすツボを利用します。熱がとても高くて救急状態であれば急速にを減らすツボを使い、それほど重症でなければ緩やかにを減らすツボを使います。がどれだけ氾濫しているかは脈診で知ることができます。脈診によって使うツボを選ぶのです。

以上が気を操作する、という事です。そして気を操作して病を治すという事です。