DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

未病

一般的には「病ではないが、健康とも言えない状態。あるいは、はっきりとした病に陥る以前の軽微な予兆が見られる状態」というように言われています。

しかし正確には本人がつらいと感じていれば、未病もまた病と言えるのです。

人の身体は主に12本のの流れで出来ています。そのや流れの状態に異常が生じると起こる現象が病的な症状です。は熱ですから、が異常に集まれば炎症が起こります。その熱が高ければ高いほど症状は重篤になります。人の身体はタンパク質で出来ているので、温度の上昇とともに組織は変性します。卵がゆで卵になるのと同じです。すると、本来分泌していたものを分泌できなくなったり、潰瘍になったり、がんになったり、様々な症状が起きます。この熱の集中がまだ小さな段階が未病です。

が集まるところがあれば、反対に熱が空虚になるところも現れます。そこでは異常に冷たくなり、生体の本来の機能が発揮されなくなってしまいます。

いずれも未病という段階で熱を正常に戻してあげれば大きな病には至らずにすむのです。

さくらガーデン鍼法院の治療は鍼を使ってツボに働きかけ、を動かしていくので未病の内に正常にもどしていくことができるのです。