DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

病気の原因

私たちを苦しめる病の種類は数え切れないほどあります。難病や奇病と呼ばれるものもあります。しかし実は病気の原因は一つなのです。それは私たちの生きる仕組みを考えるとよく分かります。

まず、生きているということは何でしょうか。生きているものの特徴とは?

それは体温を持っていることです。私たちの身体は数十兆の細胞で出来ていますが、いくら細胞を集めても体温は発生しませんし、生体にはなりません。生体にあるのは体温、つまり熱です。これが「」です。「」は数十兆の細胞を一体にまとめ、全体として一つの存在に成しています。「」は全身を周流して全体を一つにまとめているのです。全身を流れるの道は主に12本あります。この気の流れによって私たちは生かされているのです。気の流れは生命活動の原動力となっています。

とは、この気の流れの異常です。

流れに異常が生じると「」が全身に同じように分布されず偏在が起こります。つまり「熱の偏在」です。温度が高い所と低い所ができるのです。これが病の主な原因です。

を治すには、この「熱の偏在」を治せば良いのです。

私たちの生きる仕組みが「気の流れ」であることを解明したのが、今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書です。この医書ではさらに「気の流れ」の動かし方も発見しています。異常になった「気の流れ」を操作して正常な流れに戻していく方法です。それが鍼灸なのです。