DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

「素問・霊枢」

およそ3500年前に編纂された医学書です。

「易経」という哲学書に含まれています。

「易経」は天体観測や地球の自然現象を観察することで体系化された古代自然科学です。

科学といっても、人倫、哲学といった人の道も説いています。

そこで「素問・霊枢」医学もまた自然科学・人倫・哲学に基づいています。

「素問・霊枢」では、ひとの心身の様々な現象が自然現象と同じシステムで起きていることを解明しています。

水は地中から湧いて小さな川となり、やがて大河へ成長し、海へ注ぎます。

太陽に照らされた海からは水蒸が昇って上空へ行き、水滴となって雲を形成し、雨となって地表に降りてきます。

そうした循環が人の身体でも起きています。

それは「」という言葉で表現されています。

」は私たちの頭と足の間で水のように循環しています。

地球環境は太陽の熱で温められて風が吹いたり、水蒸で湿度が生じたり、反対に乾いたり、太陽から遠ざかって冷たくなったりします。

暑くなればなるほど、風が強くなればなるだけの影響が起き、湿度が高くなればなるほど、乾燥がひどくなればなるほど、冷たさが極まれば極まるほど、みなそれぞれ影響を起こします。反対の場合も同じです。

これらは人の心身にも同様に起きています。

これを「」と呼んでいます。

暑くなり過ぎればそういう病が起こり、風が吹き過ぎれば、湿度が高過ぎれば、乾燥し過ぎれば、冷たくなり過ぎれば、病になってしまいます。

暑くなり過ぎないように、風が吹きすぎないように、湿度が高まりすぎないように、乾燥しすぎないように、冷たくなり過ぎないようにしなければなりません。反対の場合も同じです。

川が氾濫すれば自然破壊が起こるように、が氾濫すれば人の心身にも病が起こります。

川が枯れれば生き物は生きていけないように、私たちもが枯れないようにしなければ生きていけません。

川の氾濫を治めることが破壊を防ぐように、人の病を治めることが重要です。

多ければ減らし、足りなければ補うのです。

頭と足の間で主に12本の気の流れがあります。

それぞれの流れがゆったりといつものように流れていれば何も起こりません。

「素問・霊枢」医学では気を操作する方法を発見しています。

気の流れには全身に約360個のツボがあり、それぞれ個性を持っています。

を減らすツボ、増やすツボなど色々です。

鍼をツボに刺入することで気を操作することが出来ます。

そうすることで病を治していきます。

これが「素問・霊枢」医学です。

気の流れが整うと、私たちはとても快適で幸せな分になります。