DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

高血圧

高血圧

さくらガーデン鍼法院では、今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学を伝承して治療を行っています。この医学では人を自然現象の一つとして捉えています。そして人の心身は12本の気の流れで形成・維持されていることを解明しています。生命活動の原動力が気の流れなのです。私たちが究極の医学と呼ぶ医学です。

高血圧もそうなる本当の原因がちゃんとあるのです。血圧を薬で下げるのが治療ではありません。それは単なる対症療法に過ぎません。本当の原因を取り除く必要があります。それは人の生きる本質である気の流れの異常を治していくことです。12本の気の流れを正常に戻すことで治っていくのです。これが根本治療です。

高血圧を引き起こす主な原因は足少陽という気の流れの異常です。この流れのが氾濫しているのです。

そこで氾濫したを減らしてゆったりとした元の流れに戻すと心身もゆったりとしてきます。とても楽になります。高い血圧も自然と下がっていくのです。例えば高血圧はヤカンのお湯が沸騰しているのと同じです。火元のガスを止めるのが本当にするべきことですね。氾濫したを減らすのが本当の治療となるのです。

この気の流れの異常は、実は高血圧だけでなく他に様々な症状を引き起こす可能性があります。

例えば盲腸炎(虫垂炎)、偏頭痛、耳鳴り、眼精疲労、強いストレス、足首の捻挫、嘔吐、難聴、めまい 等々です。

もちろん、病名がつかない自分だけが感じる不調もあります。

足少陽という気の流れの異常は高血圧だけでなくこのような多くの症状の原因となるのです。反対に足少陽気の流れの異常を治せば、こうした症状が治っていきます。