DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

手厥陰

気の流れには主に12本ありますが、全て六臓六腑を源流としています。12本それぞれ臓腑から流れ始め、ある点から体表に出て体表を流れます。体表の気の流れにはいくつかが出入りする地点があります。それがツボです。

手厥陰という気の流れは「心包」を源流としています。「心包」とは心臓を包む脂の膜のことです。現代医学ではこの名前はありません。心臓と一体ですから心臓と同じと考えてもいいのですが、心包の役割は心臓を守ることです。とても重要な臓腑です。

流れ始めは夜8時です。そして10時には次の流れ手少陽の流れにバトンタッチします。このは心包から流れ始めます。先ず心包から下って横隔膜をつっきり腹腔全体(上焦・中焦・下焦)に絡みつき、胸に戻って脇の下から体表に出て腋窩、肘内側、手のひら、中指先端まで走ります。

この気の流れに異常が生じると腋窩に大量の汗が出る、肘の痛み・変形、手のひらの熱感や冷感・皮膚病(主婦湿疹など)、中指の痛みや変形などが起こります。また心臓肥大という症状も大半は心臓の病ではなくこと手厥陰であることがほとんどです。