DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

膝痛

膝のトラブルには例えば痛み・水が溜まる・変形など色々ありますが、主に足陽明という気の流れが氾濫していることが原因となっていることが分かっています。

これは今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学です。ここでは私たちの心身が12本の気の流れによって形成・維持されていることを解明しています。そしてこの流れの異変が様々な症状の原因であることを突き止めており、気の流れの異変を元に戻す方法も開発しているのです。

膝には6本の気の流れが走っていますが、この中でもっとも膝に影響を与えているのが足陽明という流れなのです。この流れのが氾濫していると膝に様々な症状が出ます。だからを減らして氾濫を元の流れに戻していくと膝の症状は自然に消えてしまいます。気の流れが元のゆったりした流れに戻ると、人の身体は常に治癒しようとしていますから、溜まった水は無くなり、変形はまっすぐに戻っていき、痛みも解消されてしまうのです。

足陽明という気の流れはもちろん膝だけに流れているのではなく、顔からのど、胸、臍の横、鼠径部膝、足の人差し指などを流れています。だからこの気の流れが氾濫していれば膝以外にも色々な症状が出ている、あるいは将来出る可能性があるということです。

例えばのどの痛み、乳がん、腹張、股関節痛等々です。膝は単なる部品ではありません。全体の一部なのです。膝の症状は他の病のお知らせかもしれないのです。気を操作して気の流れの異常を元に戻せば、その気の流れがつかさどっている全ての身体の部分の症状も治していけるのです。

この気を操作する技を伝承して実践しているのがさくらガーデン鍼法院です。