DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎皮膚病一般

さくらガーデン鍼法院では、今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学を伝承して治療を行っています。この医学では人を自然現象の一つとして捉えています。そして人の心身は12本の気の流れで形成・維持されていることを解明しています。生命活動の原動力が気の流れなのです。私たちが究極の医学と呼ぶ医学です。

アトピー性皮膚炎では原因がわからないまま皮膚の乾燥や痒みが発生し、ひどいと肌にひび割れが発生してそこからジュクジュクし出して痛みが常時続いてしまいます。その他の皮膚病も原因は不明な場合が多く、感染症のケースでさえ原因細菌が分かっていても有効な治療方法は確立されていないのです。アトピー性皮膚炎のみならず、皮膚病そのものの正体が未だ分かっていないというのが現状です。治療方法は副腎皮質ステロイド剤や抗生剤の塗布、あるいは服用です。

有効な治療方法が分かっていないことは患者にとっては絶望的でさえあります。例えばがんであれば手術で摘出することもできますが、皮膚を取り除くことはできません。どんなに掻きむしっても、です。

私が伝承した『素問・霊枢』における医学では、アトピー性皮膚炎を含め皮膚病そのものを実は皮膚の病とは考えておりません。

人の心身は12本の気の流れで形成・維持されているという理論が基本です。その中で皮膚を形成・維持している気の流れは主に手太陰手陽明という2本の気の流れです。

この2本の気の流れの異常が皮膚に様々な症状を引き起こします。気の流れの異常はの偏りを作ります。とは熱です。この悪い熱が皮膚に影響したため起きるのが様々な皮膚の病なのです。

そこでこの2本の気の流れを正常に戻していくのです。すると皮膚の悪い熱が取れて正常に戻っていきます。

私たちの身体は主に12本の気の流れによって形成・維持されています。は熱です。この12本の気の流れに異常が生じると熱に偏在が起こり、さまざまな症状が現れるのです。この熱の偏在を元通りにすることでさまざまな症状が消えていくのです。

この『素問・霊枢』の医学理論は皮膚病のみならず、あらゆる病を治すことができる究極の医学なのです。最も古くて、最も新しい医学です。