DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

喘息

管支喘息

多くはアトピー素因のために起こる道の炎症が原因と考えられています。主にステロイド剤の吸入が治療方法として用いられますが完治は困難です。早朝に発作を起こすことが多い病です。

さくらガーデン鍼法院も多くの喘息患者の治療に当たってきました。私たちが実践している鍼治療は今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学を伝承したものです。この医学では人を自然現象の一つとして捉えています。そして人の心身は12本の気の流れで形成・維持されていることを解明しています。生命活動の原動力が気の流れなのです。私たちが究極の医学と呼ぶ医学です。

喘息気の流れの異常によって引き起こされている症状の一つです。主な原因は手太陰という肺のと足太陰という脾の気の流れです。この2本の気の流れが氾濫しているのが原因で道に炎症を起こしているのです。

氾濫したは熱を溜めるので、その熱が多ければ多いほどひどい炎症と発作を起こします。

喘息を治すには火元となっている2本の気の流れの氾濫を元の流れに戻していくのが最良な方法です。氾濫して熱の元となっている気を操作して減らすのです。気の流れの中には気を操作するためのツボがあります。そのツボを利用します。を減らすツボに鍼を刺入してを減らすのです。すると氾濫した気の流れは元のゆったりした流れに戻っていきます。喘息も自然と消えていきます。肺の気の流れは朝4時に流れ始めるので喘息は早朝に発作を起こしやすいのですが、肺のが氾濫を鎮めると発作も無くなります。