神奈川・茅ヶ崎の鍼灸
Staff

院長は長年全身の関節変形や不眠・喘息などの原因不明な不調をこの古代医学で緩和

top_img002

藤田しのぶ

院長

院長の藤田しのぶです。

私が師匠の山内康透先生に出会ったのは1998年でした。

その時、私は原因不明の病に苦しみ、もがいていたのです。

全身のひどい皮膚病、全身の関節変形、不眠、喘息、無排便、無月経、耳鳴り。

数えきれない症状でした。

もちろん数々の病院へ行き、血液検査などを繰り返しました。

しかし異常が見られず、原因不明でした。

しかも検査結果に異常が見当たらないため、私は結局「健康」なのでした。

対症的な薬剤が処方されるだけだったのです。

当時両親は私がいつ自殺をしてしまうかと思って目を離せなかったと、思い返しています。

しかし私は幸運でした。

ある人の紹介で山内先生の治療院に行くことができたのです。

治療を受けた日、私は本能的に「これで治る!」と直感しました。

目の前に光が差し込んできました。

それから22年、私は自分を治療しながら山内先生に指導を受け、自分も鍼灸師となり、現在に至っています。

私は自分を治療する技術で両親も治しています。

そしてその延長線上に多くの患者様がいらっしゃいます。

自分を治すと同じ技で他人を治す。

これは最高に幸せなことです。

そこにウソがまったく無いからです。

この仕事を生涯つづけていくことが私の夢なのです。

私のこの技が貴方様のお役にたてれば嬉しい限りです。

軽にお電話でご連絡ください

0467-89-3092

0467-89-3092

10:00~17:00
定休日  日曜日・水曜日

定休日 日曜日・水曜日

神奈川県茅ヶ崎市新栄町3-43

Q&A

中国の古代医学に関する不明点やお悩みについてのお問い合わせをお電話やメールで受付中

  • どんな治療なの?

    原則的には、体表のツボへ鍼を刺入します。鍼は髪の毛ぐらいの細さです。

  • 普通の鍼とは違うの?違うなら、どこが違うの?

    身体には大きく分けて12種類の経脈が流れています。病とは、この経脈のの異常です。

    ツボとは、この経脈のが出入りするところで、体表からを操作できる唯一の部分です。

    そして操作するために使う道具が鍼です。鍼を使って経脈のを動かして身体を治してゆく、それがさくらガーデンの治療です。筋肉対応の鍼ではありません。治療の姿勢は座位です。ツボに鍼を刺入すると、少なからず衝撃が全身にひびきます。それを丹田で受け止めることで治療効果をアップさせられます。そのために座位での治療が最適なのです。横たえた姿勢では丹田にを入れることはできないからです。

  • 特徴はどんなことですか?

    全身を網羅する経脈のを調える治療なので、身体全体を健やかにしていくことが特徴です。

    高血圧も腰痛も同じ治療で治るのです。そしてみなさん、美しく若返ります。

Access

最寄り駅から徒歩3分という駅近の立地のため負担が少なく通いやすい環境です

突発的な不調に対しては1〜2回で良くなっていくケースも少なくはございませんが、慢性化してしまった肩こりや喘息などといった不調はある程度長期的な施術を見積もっていく必要がございます。そこでより軽に通院しやすいようにと駅近の立地を選びました。
顔に鍼を打つ女性スタッフ
店舗名 さくらガーデン鍼法院
住所 神奈川県茅ヶ崎市新栄町3-43
電話番号 0467-89-3092
営業時間 10:00~17:00
定休日 水、日、その他 臨時休業あり
最寄り JR茅ヶ崎駅北口徒歩3分

駅近で軽に通院しやすいようアットホームな雰囲の中施術で不調に対応いたします

茅ヶ崎駅から歩いて3分という好立地にて鍼灸院を営んでおり、お客様のあらゆる不調に対して古代中国の叡智が凝縮され日本で発展した治療法を実施しています。喘息・アトピー不安症・花粉症などといった慢性化している不調に対しては、数回の施術のみならず、ある程度相応の期間に亘って定期的に施術をお受けいただく必要がございます。長期に亘って通院していただくため、より軽に通院しやすいようにと現在の立地を選びました。
急性の不調であれば数回の施術で快方へと向かうケースも多くございます。全身を流れる12本の熱の滞りを整え、流れを良くしていくことで、あらゆる不調に対応することが可能です。万病の原因は全てこの12本の熱の滞りにあるという概念の基、未病と呼ばれる自覚できていない不調にまで働きかけていきます。
About us

原因がよくわからない痛みやなかなか緩和しない不調も改善へ導きます

古代中国の叡智が結集して日本に渡来後さらに発展してきた施術法を皆様へ

茅ヶ崎の鍼灸院として、今からおよそ3,500年前に古代中国で誕生した鍼を活用する治療法を行っております。この技術の考え方の根幹は、人の身体には12本の熱が流れていて、全ての不調は12本ある熱の内のどこかが滞ることによって起こるというものです。
この熱が滞るとどうなるかというと、熱が滞った箇所に集中して高温なります。人間の身体は卵と同様タンパク質でできているので、卵がフライパンの上で熱せられるとスクランブルエッグになってしまうのと同様に、人間の身体も滞った高熱によってタンパク質が硬化します。体内のどこかでタンパク質が硬化してしまうことで、本来分泌されるホルモンが適度に分泌されなくなったり筋肉がこったりなど、このようなことが連鎖して喘息・腰痛・癌などといった不調が発生してくるのです。つまり、この熱の滞りを緩和させスムーズに流れるようにすることで、身体は自然と自己治癒力をもって本来の健康的な状態へ戻っていきます。この施術を通して茅ヶ崎で辛い不調にお悩みの方をしっかり支えます。

慢性化しているあらゆる不調に対して古代の医学で改善へと導いていきます

西洋医学の医院でしか対応しきれない不調も多々ございますが、一方で一部の慢性化してしまった不調に対してはあくまで不調を緩和させるだけという処置しか施せない側面もまだ存在します。肩こり腰痛・喘息・不安・花粉症・更年期障害のホットフラッシュなど、これらの慢性的な不調に対しても、滞っている熱をスムーズに流していくことによって、だんだんと緩和してまいります。そしてこの施術では悩んでいる不調に対してだけ働きかけるものではなく、どちらかというと身体全体のバランスを整えることに長けた治療法です。
元々は喘息を緩和させたくて長期に亘って通院していたところ、冷え性や皮膚の湿疹がいつの間にか緩和されていて、分も落ち込みがちだったのがスッキリと前向きになれるようになっていたなど、その他の不調も良くなっていくケースも多々ございます。お身体の不調をピンポイントで対応せず、ホリスティックな視点でトータルケアしていきながら、鍼灸院としてお客様により健康的な毎日をお過ごしいただけるようサポートいたします。