皮膚病は皮膚が悪いのではありません
さくらガーデン鍼法院
皮膚の を取って治す

皮膚病の本当の原因

それは内臓の不和から生じた熱が皮膚に出てきているのです。まるでマグマが地表を割って飛び出てきているのと同じです。マグマの熱源はマントルですが、皮膚病の熱源は六臓六腑なのです。六臓六腑はそれぞれ一本の気の流れを持っていて自分のを流しています。つまり私たちの身体には合計12本の気の流れがあり、その流れによって心身がつくられて生かされています。これは今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書にまとめられた医学です。六臓六腑の不和から生じた悪い熱気の流れの異常となって様々な病気の原因になります。皮膚病も例外ではありません。「素問・霊枢」医学ではこの気の流れの異常を見つける方法、気を操作して減らしたり増やしたりする方法、その結果悪い熱を取って病を治す方法を発見しているのです。この方法で皮膚の熱の火の元を消して皮膚の熱を取っていきます。するとかゆみや痛み、ジュクジュクなどが消えていき、自然と新しい皮膚が再生されていきます。皮膚病は綺麗に治ってしまいます。私たちはこの「素問・霊枢」医学を究極の医学と呼んでいます。

 

 

骰シ轣ク11
Access

最寄り駅から徒歩3分という駅近の立地のため負担が少なく通いやすい環境です

概要

店舗名 さくらガーデン鍼法院
住所 神奈川県茅ヶ崎市新栄町3-43
電話番号 0467-89-3092
治療中は電話に出られない事があります
営業時間 10:00~17:00
定休日 水、日、その他 臨時休業あり
最寄り JR茅ヶ崎駅北口徒歩3分

アクセス

突発的な不調に対しては1〜2回で良くなっていくケースも少なくはございませんが、慢性化してしまった肩こり喘息などといった不調はある程度長期的な施術を見積もっていく必要がございます。そこでより軽に通院しやすいようにと駅近の立地を選びました。

Q

治療時間はどのくらいですか?

A

1回の治療は、1時間30分ぐらいです。

Q

服装は?何か持参するものはありますか?

A

両ひじ、両ひざを出せるような服装を準備してください(Tシャツと短パンなど)。

治療を始めると多量の汗などが出ることがありますので、着替えも準備されるといいかもしれません。

また、手足から湿が出ることもありますので、タオルを1枚お持ちになると安心です。

Q

どんな治療なの?

A

原則的には体表のツボへ鍼を刺入します。鍼は髪の毛ぐらいの細さです。

Q

普通の鍼とは違うの?違うなら、どこが違うの?

A

一般的な鍼は筋肉対象です。痛みやこりを取ることを目標にしています。ところが私たちが実践している鍼は人の心身を自然現象の一つと考え全体を一つと捉えて治していく鍼です。

身体には主に12本の気の流れがあります。病とはこの気の流れの異常です。

気の流れにはツボというの出入り口があります。が出入りする点で、体表から気を操作できる唯一の部分です。

操作するために使う道具が鍼です。鍼を使って気を操作して身体を治してゆく、それがさくらガーデンの治療です。筋肉対応の鍼ではありません。

治療の姿勢は座位です。ツボに鍼を刺入すると少なからず衝撃が全身にひびきます。それを丹田で受け止めることで治療効果をアップさせられます。そのために座位での治療が最適なのです。横たえた姿勢では丹田にを入れることはできないからです。

Q

特徴はどんなことですか?

A

全身を網羅する気の流れを調える治療なので、心身全体を健やかにしていくことが特徴です。

高血圧腰痛も同じ治療で治るのです。そしてみなさん、美しく若返ります。

Q

治療効果を一番高めるために留意するべきことは何ですか?

A

治療は午前中が理想的です。また治療の前後、1時間の飲食・入浴は避けてください。

これは余計なの乱れを避けるためです。つまり治療効果を最大にするためです。

Q

治療はどのくらいの頻度で、どのくらい続けるようですか?

A

頻度、期間、ともに患者様お一人お一人違いますので、治療を始めてみないと分りません。

急性疾患は1回~2回で治ります。

しかし慢性疾患(アトピー・癌・高血圧・糖尿病その他)の治療はそうはいきません。

週に1回から2回の治療を続けていく必要があります。でも暗い分にならないで。

なぜなら、治療を始めると身体の色々なところが良くなっていくのが分るからです。

白髪が黒くなったり、顔のシミやシワがとれたり、あきらめていた痛みがとれたり、本当に色々です。

楽しんで治療をすすめられます。が付くと1年ぐらいすぐに経ってしまいます。

この経験から改めて自分の身体を見直して生まれ変わるチャンスにして欲しいと思います。

< 12 3 4 ... 16 >
RELATED

関連記事