鼻トラブルを薬無しで改善
長く薬を服用するのに不安を感じませんか
さくらガーデン鍼法院
気の流れを調える鍼灸で改善します

気の流れって何?

私たちは生きています。

 

24時間内臓は働き続けています。

 

実はこの内臓の活動が私たちが生きているということです。

 

私たちは自己を持っていて、自分が生きていると考えていますが、

本当の生命活動の実態は内臓の活動なのです。

 

内臓の活動からが生じて、

全身を巡っているのです。

 

それが気の流れです。

 

主に12本あります。

 

この流れが生命活動の原動力となっています。

 

また内臓の活動からさまざまなこころが発生しているのです。

こころは脳が創っているとと思われがちですが、

脳は全体をコントロールしている、

コンピューターのようなものなのです。

内臓の活動が喜怒哀楽と密接に関連しています。

内臓の不調がこころの不調につながっています。

骰シ轣ク11

の氾濫

鼻を通っている気の流れは、

足陽明という流れです。

 

鼻からのど、胸、腹を流れている黄色い線です。

この流れのが氾濫すると、

鼻やのどに症状がでます。

 

鼻水、鼻つまり、蓄膿症、鼻茸、鼻汁がのどを流れる、

などなどです。

症状の違いは他の気の流れとの関連でおこります。

 

この流れが氾濫しているのが最大の原因です。

治療はを減らして流れをもとにもどすことです。

 

気の流れにはツボというの出入り口があります。

このツボを利用して気を操作します。

そうしてを減らしていきます。

すると鼻のトラブルは自然にきえていきます。

鼻ものどもとても楽になっていくのです。

自然治癒的に治ります。

 

 

生命活動の原動力である気を操作するのですから、

自然に治るのです。

 

 

 

 

 

 

tuboningyou3
Access

最寄り駅から徒歩3分という駅近の立地のため負担が少なく通いやすい環境です

概要

店舗名 さくらガーデン鍼法院
住所 神奈川県茅ヶ崎市新栄町3-43
電話番号 0467-89-3092
治療中は電話に出られない事があります
営業時間 10:00~17:00
定休日 水、日、その他 臨時休業あり
最寄り JR茅ヶ崎駅北口徒歩3分

アクセス

突発的な不調に対しては1〜2回で良くなっていくケースも少なくはございませんが、慢性化してしまった肩こり喘息などといった不調はある程度長期的な施術を見積もっていく必要がございます。そこでより軽に通院しやすいようにと駅近の立地を選びました。

Q

最近高血圧になってしまいました。
上が138くらい、下が90くらいです。
病院では降圧剤を飲むようにいわれています。
しかし私は薬を飲みたくありません。
先生の所では高血圧を薬を使わず鍼で治していると聞きました。
どにように治療していくのですか?
実際に治るのでしょうか?

A

ご質問のメールありがとうございます。

実際に鍼治療で高血圧を改善しております。

治療の多くは氾濫したを減らしていきます。

私たちの心と体は主に12本の気の流れでできています。

とはあなた自身です。

ご両親の精子と卵子が結びついた時に発生したものです。

は胎児の内臓の成長とともに一定の流れを持つようになります。

それが主に12本の気の流れとなります。

この流れはとても正確です。

12本それぞれが一定のの量で、一定の部位を、一定の時間に流れます。

だから少しでも変動がおきると私たちは心や体に違和感を覚えます。

高血圧とは、いわば血液が沸騰したような状態です。

つまり氾濫したが血液を猛スピードで流しているのです。

とは熱です。

が高まれば液体の速度は上がるのです。

例えばお湯の沸騰を止めるには火元を消すのが最も簡単で確実です。

同様に血液の猛スピードを止めるには氾濫したを減らせばよいのです。

12本ののどれが氾濫しているかを診断して治療していきます。

気の流れにはツボというの出入り口があります。

ツボにはを減らすツボ、増やすツボなど色々な種類があります。

このツボの性質を利用して気を操作します。

実際にはツボに鍼を刺入して行います。

高血圧の治療も他の病の治療も原理は同じです。

この医学はおよそ3000年前に創られた「素問霊枢」という医学です。

Q

治療はどのくらいの頻度で、期間はどのくらいですか?

A

頻度、期間、ともに患者様お一人お一人違いますので、治療を始めてみないと分りません。

急性疾患は1回~2回で治ります。

しかし慢性疾患(アトピー・癌・高血圧・糖尿病その他)の治療はそうはいきません。

週に1回から2回の治療を続けていく必要があります。

「え~、そんなに?」なんて暗い分にならないでください。

なぜなら、治療を始めると身体の色々なところが良くなっていくのが分るからです。

白髪が黒くなったり、顔のシミやシワがとれたり、あきらめていた痛みがとれたり、便秘が治ったり、本当に色々です。

楽しんで治療をすすめられます。

が付くと1年ぐらいすぐに経ってしまいます。

この経験から改めて自分の身体を見直して生まれ変わるチャンスにして欲しいと思います。

Q

この鍼治療の特徴はどんなことですか?

A

全身を網羅する気の流れを調えていきますので、

体と心双方がとても楽になります。

自然治癒的に症状が消えていきます。

Q

治療時間はどのくらいですか?

A

治療時間は約90分です。
最初に脈診をいたします。
脈が落ち着くのに数分かかりますので、
治療予約時間の5分前くらいには治療室に入っていただきます。

Q

先生のところは、どんな鍼治療なのですか?

A

人の心と体、全体を一つとして治療していくものです。

多くの治療院で行われている筋肉対象の鍼ではありません。

痛い所や凝った所に鍼をしていく治療ではないのです。

私たちは主に12本の気の流れで生かされています。

この12本の流れに変動がおこると、私たちは心や体に違和感を感じるのです。

変動が大きくなってしまうと、病が進行します。

この気の流れを元に戻すことで

様々な不調を自然治癒的に治していく鍼治療です。

Q

小学生の頃から蓄膿症です。
二十代の時に少し改善したのですが、最近またひどくなりました。
今は37歳です。
夜、寝ていると口の中が乾いてとてもつらいです。それにいつも喉の奥に違和感があり、不快です。
何とか治らないものかと悩んでいます。
先生の治療は気の流れを調える鍼灸だと聞きました。
具体的にはどのような治療でしょうか?

A

お便りありがとうございます。

蓄膿症はつらいですね。

私も子供の頃いつも鼻がつまって、週2回くらい近くの耳鼻咽頭科クリニックへ通っていました。

3年くらい通いましたが治りませんでした。しかし今現在は鍼治療のおかげで完治しています。

私の鍼治療は「素問霊枢医学」に基づくもので、気の流れを調える鍼灸です。

私たちの体と心は主に12本の気の流れでできています。

この流れが私たちが生きる原理なのです。

だから気の流れが大きく変動すると、私たちは体やこころに違和感や痛みやつらさなどを感じるのです。

鼻やのどは手陽明足陽明というがながれています。

つまり鼻のどの症状も多くはこの2本の気の流れの変動が原因になっているのです。

もちろん他の流れにも変動はありますから、その他の流れも診ながら治療していきます。

流れの変動が治まってくると、鼻やのどはとても楽になってきます。

この治療の特徴は自然治癒的に改善することです。

治療は手足のツボに鍼を刺入して行います。

なぜ手足を使うかというと、肘や膝をこえて体幹に近くなると気の流れは何本もつながりはじめて操作しにくくなるからです。

手陽明は指先から肘までのツボを、足陽明は指先から膝までのツボを使って操作します。

治療は座位です。

治療中は多くの患者さんは眠ってしまいます。

椅子に座った姿勢なのに、が調ってくるととても持ちがよくなるからです。

1回の治療は約90分で、最初は週に1回ぐらい行います。

Q

4~5年前くらいからうつ病になりました。42歳女性です。結婚はしていません。2年前までは会社にも勤務していました。それほど重症ではなかったのです。しかし2年前に一緒に住んでいた母がコロナで亡くなってから会社へ行けなくなってしまいました。朝起きるとめまいがしたり、吐きがしたり、片頭痛がしたり、人が怖いような感じがして外へ出られなくなってしまいました。病院へ行かなければならないし買い物もしなければなりません。無理をして家から出るのですが、冷や汗が出たりして分が悪くなります。病院でもらう薬は意識がもうろうとするようで、最近は飲みたくありません。薬でなく、できれば鍼で治すことはできないでしょうか。薬はもう飲みたくありません。いかがでしょうか。

A

おたよりありがとうございます。

お母さまがお亡くなりになったことも大きなショックだったのでしょう。

大変でしたね。

こころと体は一体ですから、体の不調がこころに影響しますし、反対にこころの不調が体に影響します。

人のこころと体は12本の気の流れで毎日形成・維持されています。

気の流れの変動が体を変化させ、こころも変化させます。

気の流れに問題が無ければ心も体も健やかです。

ではこの「」はどこからきているのでしょう。

それは貴女が毎日食べている飲食物なのです。

食べるものはすべて生き物です。

その生き物のが私たちのになっているのです。

ですから私の鍼で心と体を治していくためには毎日の食事を見直していただく必要があるかもしれません。

鍼治療と並行して貴女の生活習慣も変えていただく様になります。

おそらく足少陽足陽明などの気の流れを主に治療していくことになると思います。

治療は貴女の生活習慣なども二人で話し合いながら鍼で行っていきます。

気の流れが落ち着いてくると心は楽になってきます。

同時に体の症状も起こらなくなります。大丈夫です。

 

Q

不妊治療中ですが、胚移植前日に施術して頂いて効果はありますか?
あと駐車場はありますか?

A

私の鍼治療は身体を治す治療なので、みなさん自然な形で妊娠しています。

Sさんの年齢がわかりませんので参考になるか分かりませんが、

先日も結婚18年の方が42歳で初めてのお子さんを出産されました。

産後5週間の頃、連れて来てくれたのですが、とても健康で丸々した女の子でした。

ご主人もそれはそれは喜んで私も泣いてしまったくらいでした。

ところで、Sさんのご相談ですが、胚移植など病院での治療と並行されても、その効果は上がると思います。

母体の状態が良くなるからです。

実のところ、私のところでは病院での不妊治療をやめたり、最初から病院での治療を受けたことがない方がほとんどなので、並行した治療の実績がありません。

しかし妊娠しない母体が鍼治療で妊娠していますので、病院での治療と並行して効果が下がるはずはないと思います。

週に1回ぐらいの治療を続けていきながら、食生活なども考えていきます。

早くお子さんに恵まれることをお祈りしております。

私の治療院は茅ヶ崎駅から徒歩3~4分でして、我が家の敷地内には駐車場はありません。

家の前に有料の「times」があります。また近くにイトーヨーカドーの駐車場、銀行の駐車場、駅ビルの駐車場その他があります。

 

Q

3年前からうつ病になり、毎日1~2時間の浅い睡眠しかとれず、首こり、頭痛があり、起きていても頭が重いため、すぐ横になります。何もやるがおきません。眼精疲労、全身疲労、腰痛、胃痛、背中の痛みがあります。股関節にも痛みがあります。
小学生の頃から首こり、肩こり、胃痛、頭が重く、疲れやすい体質でした。
アレルギー体質で、花粉症があります。
体温が35℃前半で低体温です。
血圧も上が90台です。
鍼治療はしたことがありますが、体調は良くなりませんでした。
体質と諦めていましたが、先生のブログを見て体質は変えられるとありますが、うつ病を治すことはできますか?

A

Gさんの年齢がわかりませんので、小学生のころからといわれても一体何年前からなのか不明ですが、病の体質と言うのはありません。

には必ず原因があります。

もちろん生まれつきの遺伝性疾患というのはありますが、おそらくGさんの場合は違うとおもいます。

生活習慣からくる病だと考えます。間違った生活習慣から気の流れに変動をおこしているのです。

症状をお聞きしているだけなので、想像ですが、足陽明・少陽に大きな変動があると思われます。

が氾濫しています。もちろんが不足している流れもあるかもしれません。

しかしきちんと気を操作して気の流れを調えていけばこころの問題であるうつ病も、いろいろな体の症状も自然に解消されていくと思います。

生まれつきの遺伝病などでなければ、病の体質というのはありません。

きちんとした治療をしていないから、こじれてしまうのです。

治療を続けながら生活習慣もGさんに合ったものに変えていけば、多くのお悩みは解決できるでしょう。

Q

42歳女性です。専業主婦です。
とてもひどい浮腫みに悩んでいます。脚全体はもちろん、顔もパンパンです。朝は手の指もパンパンで手を握れないほどです。
病院で色々な検査を受けましたが、異常は見つけられません。
全身が重くてとても毎日不快です。家事をするのも嫌です。
以前は、子供に手がかからなくなったら働きに出たいと思っていましたが、今は全然そんなことを考えられません。毎日憂で仕方がありません。
先生の所では、原因不明のこんな浮腫みをどのように治療していくのか、また治るのか知りたくてメールしました。

A

メールありがとうございます。随分重症な浮腫みのようで大変ですね。

実際にお会いして脈診をしてみないと詳しいことはお話しできませんが、おそらく土経という気の流れに原因があると思います。

土経というのは、肉をつかさどる気の流れです。具体的には足陽明や足太陰という流れです。

こういう流れが乱れると、肉が膨張します。水を飲んだだけで太るというような状態です。おそらく貴女の浮腫みは肉がひどく膨張した結果ではないでしょうか。土経を調えていけば自然と治っていくと思います。

鍼で気を操作して調えていきます。

体調が相当きつければ集中治療も良いと思いますが、食事に注意しながら週に1回の治療でも治していけるのではないでしょうか。

< 12 3 4 ... 26 >
RELATED

関連記事