ひどい肩こりでつらい症状を改善
肩こり・眼精疲労・頭痛 寝ても覚めてもつらい
さくらガーデン鍼法院
肩も眼も を流して すっきりします サンプル

肩こりは根本治療ですっきり

肩こりを根本的に解消するにはその原因を明らかにして治していかなければなりません。ところが現代医学では肩こりの原因はよく分かっていません。そこで肩の筋肉のマッサージなどで血行改善をして対応しているのです。ところが一時的な対症療法では根本的な治療にはならず、結局慢性的な肩こりとなりさらに肩だけでなく眼や頭部などにも影響が広がってしまうのです。

滞ったを流すと血液・体液すべてが流れはじめます
Check!
とは呼べない筋のこわばり
ではないから病院へ行っても治療方法が無い。ただの対症療法だけ?
Point
1

を取って滞留しているを流す

とは生きている者だけが持つ熱です。気の流れが生物の生命活動の原動力です。このが正常に流れなくなるとそこに熱が溜まります。するとあらゆるものがそこに詰ってしまいます。例えば何かにぶつかると肌が赤くなって腫れてきます。打撲です。これはぶつかった瞬間にがそこに集中することで熱が溜まるから起こる現象です。肩こりは打撲ではありませんが、が肩に集まって腫れた状態なのです。血状態です。だから溜まったを流してあげれば治っていくのです。肩のこわばり、眼の熱感などは余分な熱のためです。

Point
2

肩こりとは

茅ヶ崎でさくらガーデン鍼法院が長年肩こりを治してきた技は、今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学です。この医学では人を自然現象の一つとして捉えています。そして人の心身が12本の気の流れで形成・維持されていることを解明しているのです。この気の流れが異常を起こすと様々な症状があらわれます。肩こりも同じです。肩こり足少陽という気の流れの異常で起こります。この気の流れは肩から首、眼、耳周囲をグルグルと流れています。だからこの気の流れが悪くなると肩から首、眼、耳周囲に症状が現れるのです。これが肩こり、眼精疲労、頭痛の原因です。

Point
3

を動かすには

は体内を流れて生命活動の原動力となっていますが、ある点から体表に出て体表を流れる部分があります。そこにの出入り口が何か所かあるのです。それがツボです。このツボを利用してを操作することが出来ます。それが鍼治療です。鍼をツボに刺入してを操作するのです。滞留しているを減らしたり、動かしたり流したり、反対に不足している所にはを増やしたりできるのです。この方法で肩や眼に集まっている悪い熱を他へ流して滞留した様々なもの(血液や体液、老廃物など)を無くしていくのです。するとスウ~と肩も眼も頭も楽になっていきます。

軽にお電話でご連絡ください
0467-89-3092 0467-89-3092
受付時間:10:00~17:00
定休日 日曜日・水曜日
治療中は電話に出られない事があります
軽にお電話でご連絡ください
0467-89-3092 0467-89-3092
受付時間:10:00~17:00
定休日 日曜日・水曜日
治療中は電話に出られない事があります
Access

最寄り駅から徒歩3分という駅近の立地のため負担が少なく通いやすい環境です

概要

店舗名 さくらガーデン鍼法院
住所 神奈川県茅ヶ崎市新栄町3-43
電話番号 0467-89-3092
治療中は電話に出られない事があります
営業時間 10:00~17:00
定休日 水、日、その他 臨時休業あり
最寄り JR茅ヶ崎駅北口徒歩3分

アクセス

突発的な不調に対しては1〜2回で良くなっていくケースも少なくはございませんが、慢性化してしまった肩こりや喘息などといった不調はある程度長期的な施術を見積もっていく必要がございます。そこでより軽に通院しやすいようにと駅近の立地を選びました。
特徴

人は部品の寄せ集めではありません

あなたは全体として一つです

茅ヶ崎でさくらガーデン鍼法院が長年様々な症状を改善してきた技は、今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学です。ここでは人を自然現象の一つとして捉えています。あなたはご両親から世界で唯一あなたというを貰って生きているのです。そのとは生命の基本である熱です。命を失ったものは冷たくなり、それは単なる物体です。とその流れを封じ込めて私たちは生きて心身を形成・維持しているのです。

肩が凝って痛いからつらいからと言って、肩が悪いのではありません。肩をつかさどっている気の流れが少し悪くなっているだけです。肩をつかさどっているとその流れは肩以外のところもつかさどっているので、肩のつらさは他の病の前駆症状なのかもしれません。このの異常を元にもどすことは大きな病を防ぐことにもつながるのです。

Contact

お問い合わせ