DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

肩こり

一般的には、肩周辺に痛み・張り・重い感覚などがあることを指します。肩の周辺の筋肉が硬くなり血流が悪くなることで、ひどいときには痛みが強く肩が上がらないケースや片頭痛を引き起こす場合もあります。こうした肩こりの治療は、肩への施術が解消法とされています。肩への鍼灸、マッサージ、鎮痛剤の塗布などです。つまり肩そのものへのアプローチがほとんどです。

しかしさくらガーデン鍼灸院では、肩のみの治療ではなく、肩を凝らせる原因に取り組むことで解消しています。

さくらガーデン鍼法院の鍼治療は今からおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学を伝承したものです。ここでは人を自然現象の一つとして捉えています。そして人の心身が12本の気の流れで形成・維持されていることを解明しています。生命活動の原動力が気の流れなのです。そして生命活動の本質はの源である五臓六腑の活動です。私たちが究極の医学と呼ぶ医学です。

人の身体には主に12本の気の流れがありそれぞれの流れに異常が生じたとき、その流れが形成・維持している身体の部分に異常が発生するのです。

肩を通っている気の流れ足少陽という流れです。

この流れは耳の周囲から肩、脇腹、お尻や太ももや下腿の外側面、足の薬指などを通っています。ですからこの気の流れに異常が生じると、肩こり、片頭痛、耳の病(難聴・外内中耳炎 など)、脇腹の症状(肋間神経痛 など)、お尻や足の側面の痛みなどが起こるのです。

さくらガーデン鍼法院では、足少陽という気の流れの異常を正常に治していくことで重度な肩こりを治していきます。もちろん、足少陽という流れが通っている部分はどこの症状も改善していきます。この流れは視力や血圧にも関係しているので、視力や血圧の改善もされます。

このように肩がおかしいからと言って肩に原因があるのでも、肩を治療しなければならないのでもないのです。本当の原因を見つけて治療しなければならないのです。そうしなければいつまで経っても根本的な治療にはならないのです。

肩こりとは、つまり足少陽という気の流れの異常からくる一つの症状という事です。

反対に言えば、この気の流れを調えれば、上のような様々な症状が治っていくということです。